別れ

postheadericon 離婚には3つの種類

不幸にして夫婦が離婚することになった場合、3つの方法があります。
協議離婚、調停離婚、裁判離婚です。
どの離婚をするかによって、それぞれの手続きが違ってきます。
離婚全体で最も多いのが協議離婚です。
これは夫婦双方で離婚の意思と合意がある場合に可能な方法です。
双方が納得しているので、この場合は離婚届用紙に必要事項を記入して戸籍係に提出するだけで手続きは終わります。
夫婦のどちらかが離婚を望んでいない場合は調停離婚となります。

協議がだめなら調停
日本ではいきなり離婚訴訟をすることはできないのです。
その前提として、まず調停をする必要があります。
これは調停委員を交えた話し合いで決着をつけるのですが、当事者の意志を尊重するため合意が難しく、調停は不成立に終わることが多いのです。
離婚をスムーズに進めるには、協議離婚が無理となった時点で弁護士に離婚相談しておく方がよいのです。
弁護士事務所にはカウンセリング窓口がありますから、なるべく早めに離婚相談をしておくべきです。

裁判は最後の手段
調停が不調に終わると、いよいよ最後の手段が裁判離婚となります。
この段階では双方が弁護士を雇うことになります。
この段階になって弁護士の力を借りるよりも、離婚の話が出た早期の段階で弁護士に相談しておけば、裁判までもつれ込むことはないケースも多いのです。
裁判離婚では、相手が離婚したくないと頑張っても、離婚を認める判決が出れば従わざるを得ないのです。
逆に裁判で離婚が認められなければ、離婚は不可能ということになります。

離婚・落ち込む

postheadericon 離婚を考えたら

現代社会では離婚する夫婦の数が増加し、毎年多くの夫婦が離婚しています。
離婚は手軽にできるようになりましたが、実はいざ離婚をする場合には様々なことを決める必要があります。
例えば財産分与の方法や、子供がいる場合は親権の問題、養育費の問題、離婚の原因によっては慰謝料の問題も発生します。
ただ離婚の届け出を出すだけではなく、離婚するには夫婦の様々な部分を整理する必要があり、場合によっては離婚調停や裁判に発展する場合もあります。

専門家に相談を
もし離婚をする可能性が出てきた場合は急に話し合うのではなく、まずは離婚の専門家である弁護士にカウンセリングを依頼することをおすすめします。
弁護士は数多くの離婚のカウンセリングや裁判を身近でしてきました。
弁護士は離婚の専門家なのです。
離婚相談をして自分たちの夫婦関係を客観的に見てもらいます。
すると弁護士の観点からアドバイスをしてくれます。
同じようなパターンの事例や慰謝料の問題、それ以外に実際に離婚する場合に出てくる問題についても教えてもらえます。

カウンセリングで決定
離婚相談のカウンセリングをしてそれでも本当に離婚を決意するのであればそのまま専門家に離婚手続きについて教えてもらえば良いです。
カウンセリングを受けて離婚を踏み止まる人もたくさんいます。
ただの夫婦喧嘩の場合や離婚理由が弱く離婚が成立しない場合もあるのできちんとすべて説明してアドバイスをもらいます。
中には夫婦喧嘩の仲裁を行う場合もあります。
現在はたくさんの事務所があり電話での無料カウンセリングを行っているところもあります。
一度調べてみて試しに電話をしてみることもおすすめです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031